生分解性プラスチック

生分解性プラスチックとは…

使用中は普通のプラスチックと同じように使う事ができ、 使用後は
土中・水中など自然界の微生物などの働きによって水と二酸化炭素に
完全分解され、分解された後の二酸化炭素は次の植物を育てるための
光合成に使用されることから炭素循環の環を形成します。
焼却した場合も、 発生熱量が低く、ダイオキシンなどの有害物質が
放出される事もありません。
このような観点から、「環境にやさしい材料」として注目を集め、
開発や利用が進められているのです。

生分解性プラスチックの循環図

生分解性プラスチックの用途

農林水産資材 マルチフィルム、苗ポット
土木建設資材 断熱材、緑化用資材、工事などの防水シート、植生ネット
包装用 雑貨包装フィルム、ゴミ袋、食品包装用フィルム、緩衝剤、容器、不戦織布
衛生用品 紙おむつ、生理用品
雑貨・事務用品 ペンケース、歯ブラシ、コップ、水切りネット、芯ケース
その他 ゴルフティ、釣り糸、疑似餌、接着剤
生分解性プラスチック生分解性プラスチック生分解性プラスチック

ページの先頭へ